総量規制対象外!ビジネスローンは年収に関係なくお金を借りれるって本当?

カードローンを利用する際、ここまでしか借りることができないという総量規制があるのをご存知でしょうか?

カードローンでは借り入れをできる金額は年収の1/3までに制限されています。

この規制が適用されるのは、消費者金融やクレジット会社、信販会社等の貸金業社であり、個々の返済能力を超えた借りすぎを抑制するための法律ですね。

この規制が始まる以前は、あちこちの金融業者で借りてしまう多重債務者が多くなったり、返済不能に陥った場合の悪徳業者による厳しい取り立て等、とにかく多くの社会問題になっていたようです。

もっとも、銀行は貸金業ではありませんので、総量規制は適用されません。もっともその分審査がより厳しくなっているということですが、その点ビジネスローンに関して言えば、カードローンと違い、たとえ消費者金融であってもこの規制の対象外となります。

ビジネスローンは総量規制対象外

通常のカードローンと違い、ビジネスローンは事業用としての性質上、どうしても借り入れ金額が大きくなることが考えられるのです。

そういった意味合いからも年収で縛ってしまうと、事業資金としてはあまりにも少なくなってしまう金額しか借りることができない可能性がありますよね。

そのためにも、総量規制の対象外となっているのですが、あくまでも個人事業者に関してであって、法人の事業者に関していえば無条件に年収制限は受けることはありません

事業用ローンとしての確認

ビジネスローンが規制の対象外であるとは言っても、誰でも年収を越えて簡単に借り入れできるとは限りません。いくつかの要件満たす必要がありますので注意しましょう。

まず第一に本当に事業用の資金として使われるのかを事前に確認する必要があるのです。

では、何を元に判断されるのでしょう?重要であるのはその事業における業績や今後の展望はどうなっているのかであり、確定申告書や事業計画書等がその対象となります。

ただし借り入れ金額が年収の1/3を越えなければ、こういった書類を提出する必要はありません。

また、融資する金額に対して利用者が返済できるのかどうかも重要で、どう考えても返済できる見込みがないのに高額融資はできませんよね。

DSCF9933_TP_V

年収1/3を超える借り入れ

そもそもビジネスローンではどれくらいの金額の借り入れがあるのでしょうか?

総量規制の枠内では、特に業績による年収が少ない場合、運転資金としては少なすぎますよね。

ただし、事業主が個人事業であるのか法人としての事業であるのかにもよるのですが、年収の1/3を超える金額の借り入れとなると、例えば個人事業者がそれほどまでの融資を受けるのは難しいと思われます。

個人事業者は法人と比べると安定感に欠けると判断されてしまいがちになってしまうでしょう。

LOK_kyouheikapocck_TP_V1

個人事業者の注意事項

個人事業者がビジネスローンを利用する際にいくつか注意しておかなければいけません。

審査において、いくら会社の業績が良くても代表者本人の信用情報が問題になります。

個人の資質に問題があるような代表者が経営する会社では融資するには値しないということですね。

また、個人だけでの借り入れが年収の1/3に達してしまっていると、総量規制対象外とは言えビジネスローンでの融資は難しくなるようです。

借りすぎには注意しましょう。

ビジネスローンは確かに使途自由であったり総量規制の対象外であったり、また素早く借入できる等、事業者としては非常に便利なローンと言えるでしょう。

ですが、総量規制を超えた高額な借り入れはご自身の返済能力をはるかに超えてしまう恐れがありますので、十分に計画を立ててビジネスローンを利用することが望ましいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です