個人事業主は見逃せない!ビジネスローンとは?特徴を教えます

急な出費や、直近でまとまったお金が必要になるのは決して個人だけの話しではありません。

会社やお店の経営等の個人事業者にとっても、運転資金や設備投資、従業員への賞与というようにより多くのお金が必要ですよね。

十分な資金があれば特に問題ないかもしれませんが、個人事業者にとって、ある程度まとまった金額を準備することは難しいと言えるでしょう。

そこで登場するのがビジネスローン。個人事業者や中小企業等への融資として利用されるこのローンについて説明していきます。

事業用で借り入れする方法は?

事業資金を工面しなければならない場合の方法として、まず挙げるとすれば、公的資金の利用や銀行で融資をお願いする場合はどうでしょう?

公的資金といえば、日本政策金融公庫や信用保証協会などから借り入れであり、低金利が魅力である反面、銀行での融資と同じく手続きが非常に面倒で時間がかかってしまうというデメリットがあるのです。

さらに言えば、どちらも審査が厳しい上に簡単には融資してもらえないことからも急ぎで資金が必要なら困りますよね。

そこで、消費者金融やクレジットカード会社のいわゆるノンバンク系の民間のビジネスローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

民間ビジネスローンのメリット

民間ビジネスローンの最大の特徴と言えば、借り入れにおいて担保や保証人が不要であることや、即日融資ができるといったスピード感ではないでしょうか。

PAK75_dashtokyo20140823105505_TP_V1

特に事業用の資金ともなれば、できる限り早くお金を準備しなけれならないといった場合が多いと思いますので、この審査から融資にかけては少しでも時間をかけたくはないですよね。

また、限度額までなら何度でも追加の借り入れができるのも魅力の一つであり、コンビニやATMで利用することができます。

通常の消費者金融におけるカードローンでは、年収の1/3以上の借り入れができない総量規制の対象となってしまいますが、あくまでも事業用資金としてのビジネスローンではこの制度は適用されません。

民間ビジネスローンのデメリット

消費者金融でのローンとしては、どうしても金利が高さが気になってしまいますね。

ビジネスローンであっても同様で、銀行系ローンや公的資金との比較からすれば不利と言えるでしょう。

また、限度額に関して、確かに何度でも借り入れできるとはいえ、その額自体が低く設定されています。

更に、注意するべき事柄として、法廷利率を上回る金利や威圧的な取り立て等の悪徳業者の存在でしょう。こちらは金融庁のホームページにて確認することができるので、よく調べてから借り入れをおこなってください。

ビジネスローンにおける審査

個人で借り入れする場合の審査のポイントは安定した収入があることが絶対の条件でしたね。

では、ビジネスローンの場合における審査はどうでしょうか。

こちらもやはり、健全な業務状況が求められるでしょう。貸し手の側からしても返済の見込みがないような事業者に融資するわけにはいきません。

ここで、審査の際に必要な事項を説明しますと、まず業務の経歴がある程度数年は必要です。短期間の実績しかない業歴では審査において不利でしょう。

次に、事業の財務状況における書類ですが、決算書や賃借対照表などから赤字になっていないか、事業として健全かどうかを審査します。

また、今後の事業計画や実際に借入できた場合の資金の用途なども重要になってくるでしょう。

用途にあわせた借入を

銀行であれ、ノンバンク系であれ、また公的機関も含めそれぞれに特徴がありますが、ビジネスローンはあくまでも事業における繋ぎの融資ととらえるほうが良いでしょう。

事業を今後も続けていかなければならないでしょうから、こういったビジネスローンは上手に利用してくださいね。

GREEN20160902534715_TP_V1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です