使用用途が自由なビジネスローンは?個人的なことにも使えるの?

ビジネスローンはそもそも何の為に利用するのでしょう。個人事業者であれ法人であれ、事業を継続させていくための運転資金として必要と考えるのではないでしょうか。

運転資金としては、商品の仕入れから設備投資、事業拡大の為、他にも従業員への給与の支払い、もし他の金融機関での借り入れがある場合にその返済等も考えられます。

そこで、ビジネスローンはこういった運転資金でなければ借りることはできないの?と言った疑問をひもといていきましょう。

ビジネスローンの定義

個人事業者や法人に対して貸し付けを行うための、より専門的なローンの事を言います

事業者がお金を工面しなければならない場合、銀行や公的機関から融資を受けることも考えるでしょうが、とにかく審査が厳しい上に結局借りることができなかったり、いざ借り入れ出来るまでに時間がかかりすぎてしまうということにありますね。

そういった場合に消費者金融や信販会社、あるいは銀行でのビジネスローンならば金利は高いものの素早く資金を手にできるという事こそが魅力なのです。

ビジネスローンの利用目的は?

それでは、ビジネスローンは事業用資金としてしか借りることができないのか?すべてがその対象というわけではありませんが、他の用途として利用することが可能です

通常カードローンであれば、審査の際にその利用目的を問われることになりますが、一体どういった理由で借り入れをおこなうのか、その使用目的を明確にしておかなければなりません。

しかし、ビジネスローンに関して言えば、基本的に何に使っても問題ではなく、もちろん審査でヒアリングはされるようですが、実際にその場で回答した以外の使い方でも大丈夫なようですね。

逆に言えば、通常のカードローンはギャンブル等はもちろんのこと事業目的としても利用できないことから、事業者であれば使用目的が自由なビジネスローンとなるわけです。

個人事業者と法人の違い

使用目的自由なビジネスローンですが、個人事業者と法人では異なる部分があります。

まずは個人事業者。運転資金以外でも生活に関わる使用をしても問題ないようですね。例えば普段の生活資金として、もっと言えば借り入れたお金で海外旅行に行くこともできるのです。

PAK_HANEDA0I9A2786_TP_V1

ですが、法人に関しては、このような個人事業者と同じように家賃や生活費用での利用はできません

もっとも、利用する金融機関によっては利用目的を限定されてしまう場合があるようにいくつか方針が違いますので、よく確認してから申し込む必要があるでしょう。

使用目的自由なビジネスローンの紹介

代表的なビジネスローンとして、まず人気がある金融機関としてプロミス自営者カードローンが挙げられます

無担保で、最高額300万円までの融資ですが、生活おけるプライベートな事から事業用資金までどちらで利用しても問題ありません。

何故、使用目的を問われないのか、つまり審査における過程において事業計画書の提出を求められないことが関係しているようですね。

この他にも、ビジネクストやビジネスパートナー、オリックスクラブカード等もその使用用途は自由です。

使用用途自由でも注意して使いましょう

ビジネスローンはその使いやすさ、審査の通り安さ、何に使っても問題なし等、一見するととても便利なローンと思えるでしょう。

特に事業だけでなく、生活費や遊興費としても使える側面があることからも一歩間違えば、無駄にお金を浪費してしまうことにもなりかねません。

INA99_saifuaketara1en_TP_V

もっとも、金融機関も十分に利用者を審査した上で融資をおこないますが、利用者として考えるべきは、十分に返済を継続できるかを計画性をもって借り入れするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です