ビジネスローンの必要書類一覧!揃え方もまとめました

どんな契約をする場合でも、それぞれ必要な書類がありますよね。

ビジネスローンへの申し込みにおいても、あらかじめ準備しておかなければならない書類がいくつかございます。

利用者が個人事業であるのか、それとも法人として活動しているのか等その状況によって提出する書類も変わってくるので、その内容について詳しく見ていきましょう。

ビジネスローンの必要書類

そもそも、ビジネスローンの審査において、何を重要視するのかを考えてみると、本人であることの確認はもちろん、きちんと返済できるのかになります。

特に事業主の場合、経営の危ない所への貸しつけは非常にリスクを伴い兼ねません。

そのリスクを回避する意味でも、事前の書類は重要になってくるのが分かりますね。

では、どういった書類が必要かというと、免許証等の本人確認にはじまり、決算書や確定申告書の提出による収入審査になります。

PAK85_kakuteishinkokupen20140312231341_TP_V1

本人確認の書類

申し込み者が本人であることを証明するものとしては、以下の書類が挙げられます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住基カード

この他にも、利用者が外国人である場合には、在留カードや特別永住証明書等の国内での事業者として証明しなければなりません。

また、事業における代表者の印鑑証明も必要になります。

事業の実態や収入状況の書類

まず、本人確認同様に事業の実態を確認する手段として、実際に会社等の事業としての登記がされているのかどうかを登記簿謄本で確認します。

問題は、収入状況における提出書類ですが、確定申告書や課税証明書、決算書等を提出しましょう。

ちなみに決算書であれば、原則として2期分は最低でも必要になります。

今後の事業の流れを示す書類

ビジネスローンでの融資において、ここまで説明してきたような書類での申し込みでも十分です。

しかし、より審査を有利にするためにも事業計画書を準備しておきましょう。

決算書等で、現在までの事業の状態を確認することができたとしても、今後はたして、この事業が続いていくのかどうか、急に業績が悪化したりしないか分かりませんよね。

そういった意味でも、今後どういった具合に事業を進めていくのか、今よりも更に拡大するのか、はたまた見直しが必要になるのか等の計画書を出すことでより伝わりやすくなります。

また、事業計画書以外でも、収支に関する計画書等も同様にその内容次第では、審査において有利になると言えますね。

個人と法人の違いは?

個人として事業をおこなう場合と、会社等の法人としての借り入れでは、準備しなければならない書類に違いがあるので注意しましょう。

基本的な本人確認や代表者の印鑑証明については、どちらも共通になりますが、収支の部分が大きく異なります。

それこそが決算書。そもそも法人であれば当然に決算期毎に収支状況を示す必要がありますよね。

しかし、個人事業者であれば、これにとって変わるものとして確定申告書の提出になる訳です。

また、個人事業者ではいったい幾らの融資が必要で、具体的にどういった用途に利用するのかと言った借入計画書も提出書類として挙げられます

この他にも、法人であれば登記事項証明書や法人としての印鑑証明等も準備しなければなりません。

きちんと調べて事前準備を確実に

いかがでしたでしょうか?ひとくちにビジネスローンと言っても、利用者によって提出書類も違ってくることが分かりましたね。

更に、すぐに準備できるものもあれば、特に収支に関係する書類等、準備に時間を要する物もあるでしょう。

余程の急を要する場合はともかくとして、十分な準備を整えて、事前に調べた上で、計画的な借り入れをおこなうことを心がけましょう。

GREEN20160902534715_TP_V1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です