ビジネクストの審査・金利を徹底解剖!ビジネスローンはこれで決まり!

個人事業者や法人が設備投資や運転資金、あるいは従業員への賃金の支払い等で、まとまったお金が必要になる場合の一つの手段にビジネスローンがありますね。

一口にビジネスローンと言っても、クレジット会社や消費者金融等様々な金融機関にて事業者向けの商品を提供しています。

その中でも、最も人気の高いビジネスローンとして挙げられるのがビジネクスト。その人気は何故高いのか、金利や審査はどうなっているのかを見て行きましょう。

ビジネクストの魅力

事業主がビジネスローンを利用する上で、注目するべき点にはどういった事があるでしょうか。

どうしてもすぐに必要なお金であることが多いと思いますが、場合によっては審査の厳しさや、借り入れまで時間がかかり過ぎるといった事が考えられます。

ビジネクストでは、こう言った不満を解消できる内容になっていて比較的に借り入れのしやすさがこのローンの魅力と言えるでしょう。

ビジネクストの概要

まずは金利がいくらかを確認すると、100万円以上の借り入れで8.0%~15.0%100万円未満ならば13.0%~18.0%に設定されています。

借り入れ限度額は50万円以上から1000万円までと他社と比較しても、かなり高額の設定になっていますね。

万が一返済が遅れた場合の損害金の割合は20%、元利均等返済方式を採用しており、最長で5年での借り入れが可能です。

もっとも、この5年以降において契約の更新もできるようですが、その際は改めて審査を要する事になります。

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V1

担保は必要?

借り入れの際の担保は不要です。資産や設備等を抵当にする必要はなく融資を受けることができることや、もちろん保証人においても不要になります。

しかしながら、法人での事業主の場合は、原則としてその代表者が連帯保証人になることが条件ですので注意しましょう。

借り入れにおける必要書類

では、申し込みの際に必要な書類を確認していきましょう。

個人事業者と法人では、提出書類が異なりますので注意なければなりません。

まず個人事業者では、免許証等の本人確認に始まり、2年分の確定申告書が必要です。

法人であれば、同じく代表者の確認書類と法人としての登記事項証明書、原則2期分の決算書を提出することになります。

審査の状況

一般的に申し込み者の審査条件として、少なくとも2年以上の業歴があれば望ましいとされていますが、ビジネクストではこの期間が1年以上で審査を受けることができます

更に事業者にとっては、決算状況において必ずしも良好であるとは限らず、たとえ赤字決算であったとしても、今後の事業計画が良くなるようであれば借り入れできるようですね。

tsuyoshi-18_TP_V1

申し込みの方法

ビジネクストへの申し込みは、パソコンやスマートフォン利用してWeb上でできるので便利ですね。

しかも、口座振替からコンビニ等の提携ATMを利用でき、セブン銀行、東京スター銀行等、様々な方法があります。

ただし、提出書類などによっては、直接に来店しなければいかない場合もあるので、審査の状況に合わせて確認しましょう。

借り入れ金の用途

ビジネクストで融資を受ける場合、事業者が一体何に使うのか、までは問われないようです。

ですから、必ずしも利用目的を限定する必要はないので、返済さえ問題なければ自由に使えるということになりますね。

総量規制について

年収の三分の一以上は借り入れできない決まりになっている総量規制については、このビジネクストでは対象外です。

ビジネクストを上手に利用しましょう

ここまでの説明からも、事業者にとってみれば、上限金額も大きい上に審査の状況を見ても利用しやすいビジネスローンと言えそうですね。

それでも、十分計画を立てた上でビジネクストを利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です